外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ » 『家族滞在』の在留資格が認められるために、扶養者たる外国人に必要となる在留資格 | 広島ビザ申請代行センター

『家族滞在』の在留資格が認められるために、扶養者たる外国人に必要となる在留資格

2008/05/14

被扶養者である配偶者や子供を『家族滞在』によって
日本に呼び寄せるには、 前提として、
呼び寄せようとする外国人がすでに一定の
在留資格を取得している者であることが必要となります。

一定の在留資格というのは、以下に掲げた16の在留資格です。

呼び寄せる外国人に必要な在留資格

教授
芸術
宗教
報道
投資・経営
法律・会計業務  
医療
研究
教育
技術
人文知識・国際業務
企業内転勤
興行
技能
文化活動
留学

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab