外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ » 報道 | 広島ビザ申請代行センター

報道

2008/05/10

『報道』とは新聞や雑誌、テレビの記者やカメラマン、アナウンサーなどに認められる在留資格です。

主に外国の報道機関に雇用されている者が対象ですが、フリーランサーであっても外国の報道機関と契約していればこの在留資格の対象となります。

在留期間は3年又は1年です。

また、報道活動の範囲内で就労することができます。

『報道』の在留資格が認められるためには、活動の内容、期間、地位及び報酬を証する文章を提出する必要があります。

以上をまとめると、次のようになります。

在留資格
報道
具体例
外国の報道機関と契約を結んだ記者、カメラマン、アナウンサーなど
在留期間
3年又は1年
就労
報道活動の範囲内で可能です
必要書類
活動の内容、期間、地位及び報酬を証する文書

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab