外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ, 業務日誌 » 生活費が外国にある場合、家族滞在ビザは認められるか? | 広島ビザ申請代行センター

生活費が外国にある場合、家族滞在ビザは認められるか?

2015/10/08

皆さま、こんにちは。

気分が乗らないため、ホームページの更新をさぼっていた高橋です。
さすがにこれ以上サボるわけにはいかないということになり、久しぶりに記事を書きます。

今回は家族滞在ビザ、特に留学生の家族滞在ビザについてです。

留学生の家族滞在の最難関は生活費

家族滞在というのは、日本に来た(あるいは日本に来る予定の)外国人の、配偶者や子供に認められるビザです。
「夫婦の一方が日本に来るのなら、他方にもビザを認めましょう」というのが家族滞在ビザの趣旨です。

しかし家族滞在ビザと言っても、留学生の家族滞在ビザ取得は手間がかかることがあります。

なぜ留学生の配偶者の場合はビザ取得が手間かというと、生活費があることを証明するのが大変だからです。

これに対して就労ビザで日本に来た人の家族滞在ビザは比較的通りやすいですね。
それは就労で日本に来ている外国人が、配偶者の生活費を出せばよいため、生活費があることを証明しやすいからです。

留学生の方で家族滞在を申請する場合は、生活費がきちんとあることを説明できるようにしておきましょう。

特に生活費の証明に預貯金通帳を提出する場合は注意が必要です。
直前に入金されたお金は生活費として求めてもらえないことがあります。
家族滞在ビザを申請するのであれば、半年先~1年先に入金があるほうが無難ですね。

生活費が外国にある場合も家族滞在ビザは認められるか?

家族滞在の場合の日本滞在費用を日本にいる外国人ではなくて、母国の家族・親族が拠出する場合があります。

最近、当事務所が取り扱った事案で、母国の銀行に貯金があるのだけれど、申請時点では日本に送金のない案件がありました。

このような場合に家族滞在ビザが認められるのかどうか、不明だったのですが、家族外在ビザが認められました。

生活費が申請時点で日本になくても、家族滞在ビザは認められることがあるんですね。勉強になりました。


[追記]

留学生が家族滞在ビザを申請する場合に、どのような資料を提出すればいいかをまとめました。

次の留学生が家族滞在ビザを取得する方法をご覧ください。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab