外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ » 再入国期間の上限の引き上げと簡易化 | 広島ビザ申請代行センター

再入国期間の上限の引き上げと簡易化

2009/08/11

外国人が一時的に日本を離れ、その後再び日本へ入国する場合、
あらかじめ再入国許可をとっておけば日本へ入国することができます。

これまでは再入国期間の上限は3年間でした。
これが法改正により再入国期間の上限は5年となります。

また一定の者については、出国に際して入国管理官に
再入国の意思を表明すれば、 事前に再入国許可を取らなくても
再入国許可を取ったものとみなされることになりました
(みなし再入国許可制度)。

この場合の再入国期間の上限は、出国の日から1年となります。

この改正法は、法律が公布された日(平成21年7月15日)からかぞえて
3年以内に施行されます。

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab