外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ » 外国人夫婦に子どもが生まれたとき | 広島ビザ申請代行センター

外国人夫婦に子どもが生まれたとき

2009/06/24

外国人夫婦に子供が生まれ、その子が日本国籍を取得しないときでも、
以下のように様々な届出をする必要があります。

1.出生届の提出

  出生した日から14日以内に所在地の市長村長に出生の届出をする。

2.パスポートの申請

  日本にある自国の大使館または総領事館に
  子どものパスポートを発給してもらう。

3.在留資格の申請

  子どもが出生した日から30日以内に
  入国管理局で在留資格の申請をおこなう。
  (出生から60日以内に日本を出国する人は申請不要です。)

4.外国人登録の申請

  出生した日から60日以内に
  所在地の市長村長に外国人登録の申請をする。
  (出生から60日以内に日本を出国する人は申請不要です。)

このように子どもが生まれがときは、
以上のような手続をとる必要があります。

期限が決められている届出もあるので、
できれば出生後30日以内にすべての届出を終えるのが
望ましいといえます。

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab