外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ » メール相談は相当大変 | 広島ビザ申請代行センター

メール相談は相当大変

2010/08/25

僕のやっている業務の中でもっとも理解されていないのがメール相談じゃないかと思う。

以前、知人にメール相談の費用を聞かれたので、値段を答えたら「高いっ!」と言われてしまった。
片手間にできる印象があるらしい。

しかしはっきり言って相談業務のうち、メール相談ほど手間のかかるものはない。
メール相談をやるくらいなら、面談をやった方がよっぽど楽だと思う。

じゃあ、なんでメール相談は手間がかかるのか?

もちろん口で話すのと、キーボードを打つのとでは労力が全然違う。
しかしメール相談が手間がかかるのはそれだけではなく、相手の聞きたいことを推測して、できる限り全ての場合を 書きつくそうとするから。そして書き方とか表現方法とかに気を使うから。

つまり面談だったら相談者さんがAという質問をした場合、質問の意図がA1とA2のどちらかわからなければその場で聞きなおしてA1とA2のうちどちらかを回答すればよい。

でもメールの場合はAという質問に対して、A1・A2双方の回答を用意しなければならない。

またメールではなかなかこちらの表現が伝わりにくく、サラッと書いただけでは冷たい印象を与える。 特に回答が相談者さんの望まないものだったら、特にそう。

だからより丁寧に回答する必要がある。
全く可能性がなくても、できるだけ方向性をしめしたり、損害が少なくなる方法を提示する必要がある。

そんなことを考えて回答文を作成すると1時間くらい簡単に経ってしまう。
そうするとその労力に見合う料金を頂かないとやっていけない。

というわけで長々と書いたんですが、メール相談は手間がかかります。理解してもらえると助かります。

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab