外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ, 業務日誌 » ダンスの先生を入国させたい | 広島ビザ申請代行センター

ダンスの先生を入国させたい

2013/10/01

ダンスの先生の在留資格って何?

みなさまこんにちは。
申請取次行政書士の高橋浩二です。

10月に入りましたね。今日は多少暑かった気がします。
1日中、事務所に閉じこもっていましたのですが、エアコンをつけようかどうか迷いました。

ダンスの先生?

さて先月のことですが、めずしい問い合わせがありました。

「ダンスを教える先生として外国人を入国させたいのですが、どのような在留資格(ビザ)をとればいいのでしょうか?」
という問い合わせでした。

「ダンスを教える先生」というのは結構めずしい相談です。

よくあるのは「ダンサーとして入国させたい。」という問い合わせです。
人に教えるのではなくて、自分自身が踊る場合ですね。

この場合は、「興行」の在留資格が認められます。

ではダンスを教える場合はどうでしょうか。

ダンスを教える場合は、「芸術」という在留資格が該当します。
なかなかなじみがない在留資格ですね。

「芸術」とはその名の通り、作曲家、作詞家、画家、彫刻家、工芸家、著述家、写真家等に認められる在留資格です。
また音楽、美術、文学、写真、演劇、舞踏、映画等の指導者もこの在留資格にあたります。

ただし、単に「芸術家です。」と名乗っただけではダメで、きちんと芸術活動だけで生活できることが必要です。

今回のご相談者の場合、お話をうかがうと、なんとローマ法王の前で踊ったこともあるそうで、かなりの実績の持ち主のようですね。これならおそらく「芸術」の在留資格が許可されるでしょう。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab