外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ, ビザの基本的なポイント » 不許可になったビザ審査をひっくり返すことはできるか? | 広島ビザ申請代行センター

不許可になったビザ審査をひっくり返すことはできるか?

2013/09/27

不許可になったビザ審査をひっくり返すことはできるか?

みなさん、こんにちは。行政書士の高橋浩二です。

ウチの事務所では、「ビザの申請をしたが、不許可になった。再申請をしてビザをもらいたい。」という相談をよく受けます。

はたして一度不許可になった申請について再申請をし、ビザをもらうことはできるのでしょうか?

入管からの問題点の指摘に対して、きちんと対策がとれるのか?

最初に大事なことを書きますが、ビザの申請が不許可になった場合、入国管理局はなぜ申請を不許可にしたのか、その理由を教えてくれます

ですから入管の指摘に対してきちんと対策がとれるのであれば、再申請によってビザをもらうことはできるでしょう。

とはいえ、そのような場合は、不許可になるよりも先に、入管から問題点の指摘を受けていたはずです。
ですから、その時点で対策をとっておけばそもそも不許可にはならなかったわけです。

そう考えると、ビザ申請が不許可になったということは対策がとれない問題点を指摘されたということなので、それをひっくり返すのはかなり難しいのかな? という気がします

(不許可になった後に問題点を修正できるのであれば、不許可になる前に問題点を修正しておけばいいだけの話ですから。)

まぁ、そうはいっても様々な事情により事前に修正できない場合もあります。あまりにもポイントがずれた申請をした場合は、入管からの事前の問題点の指摘もなく不許可になることもあります。

ですから、もし不許可になった場合は一度専門の行政書士に相談されるとよいでしょう。
経験豊富な行政書士であれば、修正が可能かどうか、ある程度判断できるはずです。

ウチの事務所も不許可案件をひっくり返したことはあります。
けれど普通に考えると、不許可案件をひっくり返すってやっぱり難しい気がするんですよね。仮にできたとしても、それなりのお金か、時間か、労力がかかると思いますよ。

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab