外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ, ビザの基本的なポイント » 帰化申請の流れは? | 広島ビザ申請代行センター

帰化申請の流れは?

2013/08/01

Q.帰化申請の流れについて教えてください。

在日外国人です。

帰化申請しようと考えています。
帰化申請の流れについて教えてください。

A.まずは法務局での相談から始まります。

帰化の要件を満たしていますか?

帰化申請をする場合には、まず自分が帰化できるのか? 帰化の要件を満たしているのかを確認することから始まります。

帰化の要件は次のとおりです。

  1. 引き続き5年以上日本に住所を有すること
  2. 20歳以上で本国法によって行為能力を有すること
  3. 素行が善良であること
  4. 自己または生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること
  5. 国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと
  6. 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと。

法務局での相談

帰化の要件を満たしている場合(又は満たしているかどうかわからない場合も同様ですが)、次は必ず法務局で帰化の相談をしてください

法務局でご相談される際には、ご自身の親、子供、兄弟姉妹、配偶者、同居者などの親族関係についてきちんと説明できるようにしてください。

そして担当者から必要書類を指示されますので、指示に従って書類を集めてください。

書類の収集・申請書の作成・申請書提出

法務局の担当者の指示に従って、書類を収集します。

外国から発行される書類と日本から発行される書類がありますが、外国から発行される書類を最初に収集すべきでしょう。
外国からの書類を収集すると、次は日本で発行される書類を収集します。

書類を収集し終わると、つづいて帰化申請書を作成します。

帰化申請書を作成すると法務局に申請書を提出します。
帰化の申請は必ず本人が出向かなければならず、第三者が代理で申請することはできません。

申請書を提出し、問題がなければおおむね1年前後で帰化が認められます。

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab