外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ, 経営・管理ビザのポイント » 日本で事業を行いたい | 広島ビザ申請代行センター

日本で事業を行いたい

2012/03/16

外国人が日本で事業を行う場合も、当然、在留資格(通称:ビザ)が必要となります。

このとき在留資格が「日本人の配偶者等」・「永住者」・「永住者の配偶者等」・「定住者」の方であれば、問題なく事業を行うことができます。
これ以外の在留資格の人が日本で事業を行おうとするのであれば、「投資・経営」の在留資格を取得することが必要となります。

ところが当事務所の経験から述べると、「投資・経営」の在留資格は最も手続きミスをしやすい在留資格といえると思います。

なぜ手続きミスをしやすいかというと、「投資・経営」を取得するためには基本的に500万円が必要となりますが、その500万円の出所をきちんと説明しなければならないためです。もちろんそのための客観的な証拠も用意しておく必要があります。

ですから「投資・経営」の取得をお考えの場合は、できるだけ事前に経験豊富な行政書士に相談してから行動されるのが無難だと思います。

(自己資金500万円の問題点については「投資経営ビザ申請のポイント」に詳しく書いています。興味のある方はご覧ください。)

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab