外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

HOME » お知らせ » 技能の必要書類 | 広島ビザ申請代行センター

技能の必要書類

2010/01/13

技能の在留資格で入国する場合、
申請外国人が調理師として活動するのか、それとも
調理師以外の活動をするのかによって
2つのグループに分けられます。

さらにそのなかでも申請外国人がどの組織に所属するかによって
各々4つのカテゴリーに分類されます。

在留資格申請にあたっては各々のカテゴリーごとに
異なった書類が必要となります。

1.外国人が調理師として活動しようとする場合

カテゴリー1
①日本の証券取引所に上場している企業
②保険業を営む相互会社
③本邦または外国の国・地方公共団体
④独立行政法人
⑤特殊法人
⑥特別認可法人
⑦国・地方公共団体認可の公益法人(特例民法法人)
⑧①から⑦に掲げるもののほか法人税法別表第1に掲げる公共法人
カテゴリー1の必要書類はこちら

カテゴリー2
前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表により
1,500万円以上の納付が証明された団体・個人
カテゴリー2の必要書類はこちら

カテゴリー3

前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表が
提出された団体・個人(カテゴリー2を除く)
カテゴリー3の必要書類はこちら

カテゴリー4

上記のいずれにも該当しない団体・個人
カテゴリー4の必要書類はこちら

2.外国人が調理師以外の活動をしようとする場合

カテゴリー1
①日本の証券取引所に上場している企業
②保険業を営む相互会社
③本邦または外国の国・地方公共団体
④独立行政法人
⑤特殊法人
⑥特別認可法人
⑦国・地方公共団体認可の公益法人(特例民法法人)
⑧①から⑦に掲げるもののほか法人税法別表第1に掲げる公共法人
カテゴリー1の必要書類はこちら

カテゴリー2

前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表により
1,500万円以上の納付が証明された団体・個人
カテゴリー2の必要書類はこちら

カテゴリー3

前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表が
提出された団体・個人(カテゴリー2を除く)
カテゴリー3の必要書類はこちら

カテゴリー4

上記のいずれにも該当しない団体・個人
カテゴリー4の必要書類はこちら

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab