外国人のビザ(VISA)・帰化・永住・在留資格・国際結婚などの業務を行っている広島の行政書士事務所です。ビザでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

広島の外国人の皆さまの日本滞在をサポート!

ビザ・在留資格の申請ならお任せ 外国人のビザ(VISA)・在留資格・帰化・永住・国際結婚なら相談実績多数!年間100件以上!だからスムーズなビザ申請が可能です!

ビザ申請は審査の過程が分かりにくく、またいったん申請書を提出すると、後日書類を差し替えることができません。つまりミスをすると挽回が難しいのがビザ申請の特徴です。そのためスムーズにビザが下りるかどうかは、ビザ申請を熟知している否かで決まります。

当事務所はこれまで多数のビザ申請を取り扱っており、その経験からビザの審査基準、事前準備の仕方、申請書の作成方法など、ビザ申請に関する様々な情報を提供して、外国人のみなさまの日本滞在を支援しています。

広島にお住まいの方のビザ・在留資格申請を代行します!

当事務所サイトをご覧くださいましてありがとうございます。
事務所代表者の高橋浩二です。

当事務所は日本のビザが欲しいという外国人のために、日本ビザの取得をお手伝いをしています

具体的には次のような方々のビザ取得をお手伝いしています。

  • 日本の結婚ビザが欲しい方
  • 日本で事業がしたいという外国人の方
  • 外国人を自分の会社で雇いたいという経営者の方
  • 日本に帰化・永住したいという外国人の方
  • その他、日本のビザが欲しい方

ビザの申請をお考えの方は当事務所までお問い合わせください。

ビザ(在留資格)申請の特徴

当事務所がお手伝いするのは、「在留資格申請」というビザ申請です。

ときどき「在留資格申請は専門家に頼まないとできないのですか?」というご質問をいただきますが、決してそのようなことはありません。ご自身で申請されてもかまわないと思います。

ただ、在留資格申請は他の一般的な申請とは異なる特徴を持っていますので、その特徴を理解したうえで、申請する必要があります。

在留資格申請の特徴は何かというと、以下に記載するとおり、2つの大きな特徴があります。

特徴その1 審査基準が分かりにくい

1つ目の特徴は、審査基準が分かりにくいことです。

他の申請であれば、審査基準は一般に公開されていますし、必要書類も事前に公表されています。
そのため役所が要求する書類を用意すれば、おおむね申請は通ります。

しかし、在留資格申請は審査基準が分かりにくくなっています。
もちろん審査を担当する入国管理局の内部では、一定の基準がありますが、それが部外者には分かりづらくなっていますね。

しかも申請者によっては、追加の書類提出を求められることもあります。
つまり申請者によって提出書類が異なる場合があることも、在留資格申請を難しくしている原因です。

特徴その2 書類の差し替えができない

2つ目の特徴は、提出書類の差し替えができないことです。

通常の申請であれば、仮に間違った書類を提出したとしても、あとで他の書類と交換することができます。
けれど在留資格申請では、いったん間違った書類を提出すると、あとで書類を差し替えることはできません。
また仮に差し替えることができたとしても、なぜ間違った書類を提出したのか、その理由を説明しなければなりません。

ビザ(在留資格)申請の特徴のまとめ

以上をまとめると、在留資格申請は、間違いやすいうえに、一度間違えると訂正が大変なことがお分かりいただけると思います。

当事務所の役割

そこで当事務所では、このようなビザ申請の特徴を踏まえ、ご依頼人様がスムーズにビザを取得できるように活動しています。

おかげさまで当事務所は多数のビザ申請を取り扱っており、これまでの経験から審査のおおよそのポイント(審査に通るのかどうか? 通らないのであればどう修正すればよいか? 等)をつかんでいます。

さらに入国管理局にどのような書類を提出すればよいか? (あるいは提出しないほうがよいか?) といったこともある程度判断できます。

それらの情報をご依頼人様にお伝えし、ご依頼人様のビザ取得を支援しています。
ビザの取得をお考えの方は、一度当事務所にご相談いただければと思います。

当事務所の取扱い事例

当事務所のこれまでの取扱い事例を知りたいという要望にお応えして、当事務所にご依頼いただいた方々のアンケートを公開しています。

下の当事務所の取扱い事例をクリックして内容をご確認ください。

当事務所の取扱い事例

当事務所からのお願い

当事務所からのお願いですが、次のような方のご相談・ご依頼はお受けすることができません。

1.違法な申請を考えている方

法律に違反する申請や、法律違反を隠すような申請についてのご相談・ご依頼はお受けできません。

たとえば「日本で働きたいから結婚ビザが欲しい。」とか、「実際は工場で働くつもりだが、語学講師と偽って申請したい。」という場合です。

このような申請は法律違反ですのでお断りします。

これに対して逆の相談なら大歓迎です。
つまり「現在は法律違反をしているが、これからはきちんと日本の法律を守るので、ビザが欲しい。」という相談であればお受けします。

2.第三者からの依頼

第三者からのご依頼は、トラブルが多く発生するためお断りします。

当事務所は、外国人本人、外国人のご家族の方、外国人を雇いたいと考えている経営者など、直接の関係者からのご依頼しかお受けしません。

当事務所へのご相談・ご依頼は必ず本人が行ってください。
もし第三者の依頼の場合、必ず本人との面談が必要になります。

外国のビザ相談

よく問い合わせをいただくのですが、当事務所は日本のビザ在留資格取得を支援する事務所です。

外国のビザは対象外ですので、ご相談に応じることはできません。

以上、当事務所からのお願いでした。よろしくお願いします。

居酒屋あきちゃん(経営・管理ビザ)

当事務所の取扱い事例 居酒屋あきちゃん

ご依頼の概要

ご依頼者様 居酒屋あきちゃんオーナー様
店舗所在地 広島県広島市三篠町3丁目7-7-104
電話:082-230-1072
希望する在留資格 経営・管理
ご依頼の内容 「経営・管理」ビザを取って飲食店経営がしたい
審査結果 在留資格が許可される

高橋より一言

オーナー様、「経営・管理」ビザの取得おめでとうございます。

今回、入国管理局からは追加資料の提出を求められました。
なかなか面倒な要求だったのですが、オーナー様と綿密に打ち合わせ、なんとか資料をそろえることができました。

オーナー様は入国管理局からの要求に迅速に対応されたので、私としても助かりました。

ありがとうございました。

Sさま(結婚ビザが2度不許可になった方)

当事務所の取り扱い事例 Sさま(結婚ビザが2度不許可になった方)

ご依頼の概要

ご依頼者様の属性 日本人男性
住所 広島県呉市
希望する在留資格 日本人の配偶者等
ご依頼の内容 フィリピン人女性と結婚し、結婚ビザの申請をしたが
2度も不許可になった。なんとか結婚ビザが欲しい。
申請の結果 申請書の提出から3か月かかって、ようやく申請が許可される。

当事務所にご依頼いただいた感想

⇒こちらから、SさまのアンケートのPDFを見ることができます。

当事務所に依頼しようと思った理由

タブレットで、しらべて、といあわせをしました。

依頼した感想

いつでも会ってくれて、話をして、よく聞いてくれて、とてもよかったです。

高橋より一言

今回の案件は、結婚ビザ(日本人の配偶者等)申請としては難問でした。

Sさまは、ご自身で結婚ビザの申請を2度されたのですが、2度とも不許可になり、そのため当事務所に依頼されました。当事務所に依頼された時点で、すでに1回目の申請書提出から1年近くが経過していました。かなり苦労されている様子がうかがえました。

入国管理局から届いた不許可通知書を見せてもらったのですが、そこには「Sさんが作成・提出した質問書の信ぴょう性に疑義がある」と書かれていました。

これはおそらく、Sさまが作成した質問書の内容とSさまの奥さんが入国管理局に説明した内容に矛盾があるということでしょう(今回、入国管理局から奥様に対して電話での聞き取り調査が行われました)。

そこで私は、Sさまが入国管理局にどのような質問書を提出したのかを調べ、次にSさまの奥さんに対しては、入国管理局からの質問にどのように回答したのか? を確認しました。

調査は数か月におよびました。
なかなか矛盾点を見つけだすことができず苦労しましたが、探しに探して最後にようやく矛盾点を見つけることができました。

Sさまには長期間に渡り、辛抱強く調査にご協力いただきました。ありがとうございました。

三楽さま(広島市東区、投資・経営)

当事務所の取り扱い事例 三楽さま

ご依頼の概要

ご依頼者様 三楽さま
店舗所在地 広島県広島市東区若草町14番27号
希望する在留資格 投資・経営
ご依頼の内容 「投資・経営」のビザを取って飲食店を経営したい
審査の結果 申請から約1か月で許可される

当事務所にご依頼いただいた感想

⇒こちらから、三楽さまのアンケートのPDFを見ることができます。

当事務所に依頼しようと思った理由

友達からしょうかいした。信らいの先生がいます。

実際に依頼した感想

びっくりしました。すごいまじめの先生。ありがとうございます。

高橋より一言

三楽さま、「投資・経営」の取得おめでとうございます。

飲食店の経営なので、たぶんビザは出るだろうと思ってはいたのですが、それでも何が起きるか分からないので、結果が出るまではドキドキします。

三楽さまの対応が非常にしっかりしていたので、申請書を作りやすかったです。
今後ともお店の経営をがんばってください!

三楽さまのお店は、広島駅北口から徒歩数分のところにあります。
よろしければお立ち寄りください。



【三楽の店舗所在地】
広島県広島市東区若草町14番27号
電話:082-567-6102

広伸商事株式会社さま(投資・経営ビザ申請)

当事務所の取り扱い事例 広伸商事株式会社さま

ご依頼の概要

ご依頼者様 広伸商事株式会社 代表取締役 楊波 (ヨウハ) さま
会社所在地 広島県広島市
希望する在留資格 投資・経営
ご依頼の内容 「投資・経営」のビザを取って会社経営がしたい
審査結果 在留資格が許可される

当事務所にご依頼いただいた感想

⇒こちらから、広伸商事株式会社さまのアンケートの原本を見ることができます。

当事務所に依頼しようと思った理由

電話で問い合わせしたら、すぐ面談の時間を場所を決めてくださって、依頼しやすかったのです。

実際に依頼した感想

最初、いろんなアドバイスをいただき、資料の作成と準備が大変でしたが、最後にやはり自分で頑張った分の喜びも大きいと実感しました。
うまく投資・経営のビザが取れただけではなく、いろんな経営面のアドバイスもいただきました。本当に依頼してよかったです。感謝です。

高橋より一言

楊波さま、「投資・経営」ビザの取得おめでとうございます。

最初、楊波さまには様々な書類の提出を要求したので、かなり大変だったと思います。
でも私の要求に応えて、きちんと書類を用意してくれたのがいい結果につながったと思います。

本当に大変なのはこれからなので、楊波様の頑張りを期待しています!

I さま(広島在住、フィリピン人との結婚ビザ申請)

当事務所の取り扱い事例 Iさま

ご依頼の概要

ご依頼者様の属性 日本人男性
ご住所 広島県広島市
希望する在留資格 日本人の配偶者等
ご依頼の内容 フィリピン人女性と結婚したので、結婚の在留資格が欲しい。
申請の結果 申請書の提出から2か月で結果が通知される。

当事務所にご依頼いただいた感想

⇒こちらから、I さまのアンケートの原本を見ることができます。

当事務所に依頼しようと思った理由

しょうさいな説明。

依頼した感想

親身に相談にのってもらい、とても安心して待つことができました。

高橋より一言

多少、審査に時間がかかった案件です。
フィリピン人女性の経歴に気になる点があり、そのことが審査に時間がかかった原因でしょう。

審査の進行状況から、おそらく入管からフィリピン人女性本人に対して確認の電話があるだろうと予期していたのですが、実際、電話がかかってきました。

入管から確認の電話があったとしても、申請書の内容と矛盾したことを言わなければ何も問題ありません。

また、必ずしも申請内容と完全に一致した回答をしなければならないということではなく、多少、日時や回数にズレがあったとしても、それだけで不許可になるわけではありませんので、それほど神経質になることもないでしょう。

今回の申請人さまも、質問に対して落ち着いて回答してくれたらしく、入管の電話から2週間程度で申請が許可されました。

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 行政書士 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@visa-office.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab